au回線が利用できるおすすめのMVNO

MVNOは大手携帯電話会社から通信回線を借りて通信サービスの提供を行っており、現在ではほとんどのMVNOがdocomoから通信回線を借りてサービスの提供を行っているという事実があります。

このため格安SIMではSIMフリーの端末のほかdocomoから購入したスマートフォンやタブレットやモバイルルーターなどをSIMロックがかかった状態でも利用できるという強みがあり、docomoユーザーが乗り換えるのには便利な一方で非docomoユーザーは乗り換えのハードルが高くなっています。

しかしながら幾つかの有名なMVNOではau回線の取扱を行っており、もちろんこのプランを契約すればauから購入した端末をSIMロック解除無しで利用できます。



もちろんau版のiPhoneやiPadを格安SIMで利用することも可能となりますしau回線を利用しているMVNOはあまり多くないため回線の混雑がdocomo回線を利用したプランよりも少なく、安定した高速通信ができるというメリットもあります。

au回線の取り扱いがあり特に利用をおすすめできるMVNOについて確認をしていきます。


au回線を利用しているおすすめのMVNOの筆頭代表と言っても過言ではないのがUQモバイルです。

UQモバイルは正式にauのサブブランドという扱いになっており運営についてもKDDIの関連会社が行っています。


このためUQモバイルはMVNOでありながら限りなく大手携帯会社に近いサービス展開を行っており、初心者でも安心して利用ができます。またUQモバイルではauから販売されている端末が流用できる他、格安SIMとSIMフリースマートフォンのセット販売にも力を入れていて、iPhoneSEやiPhone6sなどのiPhoneをセットで購入することができます。


またUQモバイル以外でいいますと、mineoというMVNOもau回線の取り扱いがあり安価で良質なサービスを提供しているので安心して利用ができます。

mineoではdocomo回線のプランとau回線のプランの両方のプランを取り扱っていますが、月額利用料金についてはau回線のプランの方がやや安くなっています。



mineoでは離れて暮らす家族ともパケット通信量を分け合ったり、月額利用料金が安くなる家族割引サービスの利用ができるので離れて暮らす親や子どもと一緒に利用したいという人に特におすすめです。



さらにはMVNOの老舗であり最も高いシェアをほこる一社であるIIJmioでもau回線を利用したプランの取り扱いがあります。

IIJmioはサポート体制がMVNOの中でも最高クラスなので安心感がありますし、10GBもの高速データ通信量を最大10枚のSIMカードでシェアできる「ファミリーシェアプラン」というプランの取り扱いがあるので、大家族や一人で複数のガジェットを保有している場合にお得に利用することができます。