格安スマホが低料金のサービスを提供できる理由

スマホ(スマートフォン)は、国内の3大キャリアと呼ばれるNTTドコモ、au、ソフトバンク、の各ショップや、それらのキャリアを扱う売り場で契約して購入することが一般的でした。
しかし最近は利用料金が3大キャリアの半額以下にまで抑えられるという安さで注目を集めている「格安スマホ」が人気を集めています。大手キャリアでは一台あたりの利用料金が1ヶ月1万円近くになる場合もありますが、格安スマホの場合には5、000円を切るケースも少なくありません。


最も安いプランであれば1、000円台というプランも提供されるようになってきています。価格の安さという観点ではたいへん魅力的な格安スマホですが、詳しくその仕組みを知らないという人も少なくありません。

なぜ格安スマホはキャリアよりも安くなるのか、使い勝手に違いはあるのかなど、気になる点をしっかりと理解してから契約するのがおすすめです。

格安スマホとは「格安SIM」を使うことにより料金が低く抑えることができます。

格安SIMという言葉もよく聞かれるようになり身近に感じている人も多いことでしょう。このSIMとは個人を識別するためのIDカードと考えてください。


携帯電話を利用するにあたって必要となるものです。

通常はスマホの内部に挿入されており、取り出すということはありません。


大手キャリアのスマホには最初から挿入された状態で販売されており、以前はロックがかけられていました。ロックがかけられているということは、カードが物理的に取り出せないということではなく、そのSIMカードを抜いて別のキャリアのSIMカードを挿入しても通信ができないように制限がかけられるという仕組みです。
つまり他のキャリアへの流出を防ぐという目的がありました。しかしロックをかけることが制限されていると利用者の自由な契約が阻害されるものとして、総務省が携帯キャリアに対して利用者からの申し出があればロックの解除に応じなければならないという新たな決まりを作成したのです。
それが2015年のことです。
そこでSIMフリーのスマホが多く販売されるようになりました。


大手キャリアの3社のSIMが利用できるだけでなく、格安SIMも利用できるようになったため、劇的に利用料金の圧縮が実現できるようになったのです。

格安スマホはつまり格安SIMを利用しているスマホということになります。

自社で通信網を持たない通信会社は大手3社の通信網を借りる形でデータ通信を提供しています。

このことをMVNOと言います。

自社で通信網を持たないということで大幅な経費の圧縮ができるために、利用者に安くサービスを提供できるということになります。



もちろん大手キャリアには充実したサポート体制などのサービスがあり、特別な設定が必要なくすぐに使えるというメリットがあります。



格安スマホではサービスという観点で一歩譲る点も多いのですが、やはり圧倒的な安さは魅力となります。

移行を考えている人はメリットとデメリットを見極め、自分の使い方にあったスマホを選びましょう。