節約意識の高い人におすすめのMVNO

MVNOと契約して格安SIMでモバイル端末を利用することで大手携帯キャリアと契約するよりも遥かに安いコストで端末の運用が可能となるため、毎月の通信費用に頭を悩ませている人には特にMVNOとの契約はおすすめできます。
現在格安SIMの利用料金には相場ができあがっていて、例えば一ヶ月あたりの高速データ通信量が3GBのプランの場合、データ通信専用SIMで月額900円の利用料金、音声通話機能付きSIMで月額1、600円の利用料金というのが相場となっています。もちろんこの格安SIMの相場価格も大手携帯キャリアと比較すると随分と安いのですが、MVNOによってはこの相場価格よりもさらに安い月額利用料金でサービスを提供しているケースがあります。一ヶ月あたりに利用できる高速データ通信量がなかったり少なかったりするものの、驚くような価格でサービスを提供しているMVNOもあるのでより節約意識が高い場合にはそのようなMVNOと契約するのが効果的です。


節約意識の高い人におすすめできるMVNOとして一番最初に挙げられるのがnuroモバイルというMVNOです。



nuroモバイルが取り扱うプランの一つである0SIMというプランは一ヶ月あたりの高速データ通信通信量が500MB以下であればパケット通信料金は一切発生しないいう内容のプランであり、データ通信専用SIMであれば全くの無料で利用することも可能です。



通信量が500MBを超えた場合には100MBごとに100円の通信料金がかかり、利用料金の上限については1、600円までとされています。

なおこのプランでは音声通話機能付きSIMの取り扱いもあり月額700円から利用が可能です。

またこの他のMVNOでいいますと、ロケットモバイルというMVNOの神プランというプランも節約意識の高い人にはおすすめできます。
神プランには高速データ通信量がなく通信速度については随時最大200kbpsであるものの、データ通信専用SIMであれば月額298円、音声通話機能付きSIMであれば月額948円からの利用が可能です。


またロケットモバイルではアプリを通じてのダウンロードなどのミッションをこなすことで独自のポイントを貯めることができ、貯めたポイントを毎月の利用料金の支払いに使えるので、うまくポイントを活用すればさらに安く利用ができます。

nuroモバイルでは高速データ通信ができる一方で利用したデータ通信量が500MBを超えると比較的料金が上がってしまうという特徴があり、ロケットモバイルは通信料金が定額となっているものの高速データ通信ができないという特徴があります。



いずれのプランを契約する場合でもWi-Fiアクセスポイントを上手に利用するなどしてできるだけモバイルデータ通信に頼らないような使い方をすることが利用時のポイントと考えられます。

Wi-Fi環境のある自宅や職場内で過ごすことが多い人におすすめです。