MVNOが向いていない人もいる

MVNOが向いていない人もいる

「MVNO」という言葉を聞いたことはあるけれどその意味がわからない、契約しようとしているけれど後悔しないのか心配しているなど、様々な人がいるでしょう。これまで、スマートフォンを利用するという場合、大手携帯電話会社と契約をする必要がありました。

これは、日本で発売されるスマートフォンにはSIMロックというものがかけられており、契約した携帯電話会社以外のSIMカードは使用することが出来なかったためです。しかし、2015年5月以降に発売されるスマートフォンなどの携帯端末については、SIMロックを解除することが原則として義務付けられたため、希望をすると他の携帯電話会社のSIMカードを利用することが出来るようになりました。


これは大手携帯電話会社だけではなく、格安SIMと呼ばれるMVNOを利用することで、安くスマートフォンを運用することが出来るようになったということを意味しています。

ただし、スマートフォンの使用状況によっては全ての人がMVNOが向いているというわけではありませんので、注意が必要です。

MVNOを選ぶ前に自身が向いているのかどうかを考えるようにしましょう。
まず、スマートフォンの基本的な機能として、通話機能があります。

最近は無料通話アプリなどを利用する人も増えてきていますが、仕事で通話を頻繁に行うという場合には、MVNOは選ばないほうが良いでしょう。

その理由としては、通話料金が大手携帯電話会社よりも高く設定されていることが多いためです。



かけ放題プランのあるところもありますが、無料通話時間が短かったり、安くする通話するためには条件が設けられている場合もあります。



そして、自分でSIMカードの設定を行うことが出来ないという人も避けた方が良いかもしれません。



大手携帯電話会社の場合、スマートフォンなどの端末を購入した時や不具合が生じた時のサポート体制が充実していますが、MVNOの場合、基本的な設定などは利用者本人が行う必要があります。


また、不具合が生じた場合のサポート体制も充実しているとは言えないのが現状です。

では、MVNOが向いている人はどのような人かというと、データ通信をよく利用する人でしょう。

定額料金プランを比較してみると、同じような内容であれば大手携帯電話会社よりもMVNOのほうが料金が安く抑えられている傾向にあります。

また、逆にあまりスマートフォンを利用しないという人にもMVNOは向いています。


必要最低限の利用しかしないという場合、最も安い契約でも十分に満足することが出来るかもしれません。

大手携帯電話会社もMVNOも一度契約をしてしまうと、解約をする場合に違約金が発生したり、煩雑な手続きを行わなければならない可能性があります。
安易に乗り換えてしまうと後悔をしてしまう可能性もありますので、料金だけにとらわれずに、どのようなプランがあるのかや自身の利用状況を含めて考えるようにしましょう。