MVNOは未成年でも契約することが出来るのか

MVNOや安くスマートフォンなどの端末を運用することが出来るとして、人気を集めています。

スマートフォンなどの端末を利用する機会が多いのは比較的若い世代ですが、MVNOの中には契約する事が出来る年齢に制限が設けられているところもあります。


その為、20歳以上でなければ契約をすることが難しいということを知っておく必要があるでしょう。
前提として、MVNOの契約を結ぶ時には、クレジットカードが必須です。



クレジットカードは18歳以上であれば作ることが出来る可能性はありますが、申し込みをした上で審査を受ける必要があり、申し込みをした全ての人が審査を通過することが出来るというわけではありません。

では、未成年がMVNOの契約をすることが出来ないのかというと、決してそのようなことはありません。


MVNOの中には、支払いにクレジットカードではなく、デビットカードを利用することが出来るところもあります。



デビットカードは銀行口座を開設することで作ることが出来ますし、クレジットカードの様に審査を受ける必要がないというものもありますので、作りやすいと言えるでしょう。



なお、デビットカードを選ぶ時には月額料金の支払いをすることが出来るようなものを選ぶようにしましょう。
なお、未成年者がMVNOの契約をする時には、必ず保護者の同意が必要となります。Web上で申し込みをした場合、書類などを用意しなくても、契約申し込みの際に所定のところにチェックをすることで保護者の同意があったとみなされ、契約を結ぶことが出来ます。


保護者に同意が本当にあったかどうかを確認する術はありませんので、未成年者が保護者の同意なく契約をすることも出来ます。
しかし、後々トラブルとなる可能性もありますので、そのようなことは避けるようにしましょう。MVNOによっては、契約者が未成年でも契約をすることが出来るプランと未成年の場合は契約をする事が出来ないプランがある場合があります。

プランを選ぶ時にはどのようなプランがあるのかをしっかりと確認するようにしましょう。
また、初めて契約をするという時には、万が一のことも考え、サポート体制が充実しているところを選ぶようにすることをおすすめします。未成年者とは言っても、MVNOと契約をするためには18歳以上であることが求められます。


それ以下の年齢の場合には、保護者などが契約者となる必要があるでしょう。
保護者が契約者となることが出来るようであれば、年齢制限を気にする必要もありませんし、保護者の同意を得る必要もありません。それぞれの状況に合わせて話し合いをしながら最適なプランを選ぶことも出来るでしょう。ただし、将来的に名義変更をするという場合には、MVNOによっては名義変更をすることが出来ず、名義変更をする場合には、一度解約をしなければならない場合もありますので、契約をする時には利用規約などで確認することが大切です。