水漏れやつまりを直したい時には

キッチンやバスルーム、洗面台など水道から水が漏れている、排水管のつまりで水が流れないなどはよくあるトラブルなのですが、急に起こることが多いため慌ててしまいます。水漏れもつまりも、一度おきてしまうと自然になおることは無いので修理が必要になります。自分で直したいという場合には、水道の蛇口の水漏れならパッキンの交換をすることで改善することが多いようです。パッキンを交換しても、水漏れが続くようなら他の部分が故障してる可能性が高いため修理業者に依頼するようにしましょう。

水道管から水が漏れている場合には、亀裂などが入っている可能性があります。水圧がかかると破裂することがあり、周囲が水浸しになったり、場合によっては壁の裏や床下などに水が入ってしまうので、自力で直すのは危険です。水道の元栓を止めて、できるだけ早く修理を業者に依頼することをおすすめします。排水口のつまりは、ラバーカップでつまりを強制的に移動させたり、洗浄剤を投入して汚れを減らすことで水が流れやすくなることがあります。

一時的には流れるので応急処置をするときにおすすめの方法ですが、水道管のつまりが取れたとは限らないことと、つまっている箇所が一か所とは限りません。業者なら特殊なカメラで水道管の中を調べたり、高圧洗浄などできれいにしたりすることができるため、繰り返してつまってしまう場合や、変な音やにおいがする場合などは業者への修理依頼をした方が安心です。