キズや凹みだけでなく、経年により次第に傷んでくることもあるフローリング。修理を早めにすれば長持ちさせることができます。このフローリングの修理は、小さなキズなら素人でも可能です。しかし、広範囲な表面の剝がれ・傷みは、プロに依頼するほうが、早くてキレイに仕上がります。

フローリングの修理の用品は、ホームセンターで売っています。小さい傷を目立たなくするアイテムには、傷を隠すシールがあります。木目が印刷されているもので、キズを覆って使います。これを使うと、小さな箇所であれば目立たなくすることが可能です。

ただ、同じような木目や色を選ぶことはなかなか難しいものです。そのため範囲が広いとかえって目立ってしまうことがあります。またフローリングの修理の用品として、クレヨンやペン型のものが売られています。木の色と同じような色のものをキズに塗りこんで段差を埋めて使います。

これの場合も、小さなキズや穴程度であれば、うまく隠すことができますが、広い範囲向きではありません。広い範囲の傷みをキレイにするフローリングの修理方法は、無垢材のものか、表面に化粧板を張っているものかによって、違ってきます。無垢材であれば、表面を削り塗装し直します。合板のばあいは、傷んだ部分を剥がして整えた後、その部分をパテで埋めて着色したり、表面を張り替えたりして行います。

場合によっては、その部分の板を取り換えることも。このような場合はプロに依頼したほうがよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です