格安スマホとはどのようなものか

どこにいてもいつでも個人へ連絡が取れるようになるスマートフォンや携帯電話は、最早一人に一つの時代になりつつあります。

使用し続けるからには月々支払うことになる携帯電話料金ですが、どうせなら安く抑えたいと思っておいでのかたも多いのではないでしょうか。そのためテレビCMなどでもよく言葉を耳にするようになった格安スマホを検討されているかたも中にはいらっしゃるでしょう。

格安スマホとは、大手キャリアと呼ばれるドコモ、au、ソフトバンク以外の通信事業者が提供するサービスのことです。格安スマホの名前の通り、月々の料金プランも大手キャリアに比べると格安に設定されており、使い方によっては大手キャリアよりも大幅に出費を抑えることができるようになります。格安料金でのサービスを提供することを可能としているのは、格安スマホを提供している通信事業者がMVNOだからです。

MVNOとは、仮想移動体通信事業者といい、大手キャリアはMNO(移動体通信事業者)といいます。



MVNOはMNOである大手キャリアとは異なり、独自の通信設備を所有していません。

大手キャリアに料金を支払い回線を借り受けて、利用者にサービスを提供しています。
また、格安スマホの通信事業者は店舗をあまり多く展開せず、インターネット上に窓口を設置して申し込みやサポートなどを行っているものもあります。そうすることで人件費も最小に抑えられ、利用者への低価格料金でのサービス提供が可能となっております。

大手キャリアの回線を借り受けて利用者へサービスを提供しているため、格安スマホにおいても回線の種類が存在します。



ドコモの回線を借り受けてサービス提供を行っている通信事業者はドコモの回線や通信エリアでのサービスとなり、au回線を借り受けている通信事業者ではauの対応エリアや通信回線での提供をすることになるというわけです。
一から新規に契約される場合は特に問題や注意点などはありませんが、以前から使用しているスマートフォン端末を引き続き使用したいと考えている場合には、この回線の種類は非常に重要になります。


ドコモの端末とauの端末では、通信をするために必要なSIMカードの種類が異なるためです。


ドコモのSIMはドコモのみ、auのものはauのみに対応しており、サイズや仕様もそれぞれ異なります。
ドコモのSIMであってもその中でさらに種類がいくつか存在するので、ご自分の手元にある端末やこれから使用したい端末のSIMサイズや種類が提供元の通信事業者のSIMや回線に対応しているかをチェックされたほうがいいでしょう。


auにおいても同様です。格安スマホにおける大きな注意点はもう一つあり、それは音声通話に関するものになります。



通常格安スマホの基本料金には、通話料金は含まれず、使用した分に応じて料金が加算されていくシステムになっています。
LINE電話やSkypeなどのIP電話はネット回線を利用して音声を相手に届けるため電話回線を利用してはいませんが、通常の音声通話を利用したい場合には、月に定額で定められた時間分はかけ放題になるプランなどをオプションで申し込んだほうが安心です。