格安スマホを使う場合の注意事項

日本の携帯電話会社はドコモ、au、ソフトバンクの大手3社ですが、それら3社以外でも携帯電話を使用することができます。

最近テレビコマーシャルで見かける、mineo(マイネオ)やビッグローブなどです。


それらの会社と契約することで毎月の携帯電話料金を安くできる可能性があります。

大手3社でスマホを使用すると毎月の携帯電話料金は5000円~7000円くらいだと思われます。

格安スマホでは毎月の携帯電話料金を2000円程度にすることが可能です。

残念ながらすべての人の料金が安くなるわけではありません。

LINEなどの無料通話を多く使用している人、動画をあまり見なくて毎月のデータ通信量が3GB以下の人が対象となります。

格安スマホを使用するにはまずはスマホ端末を準備する必要があります。


ドコモを使っている人はそのままそのスマホを使用することができます。
au、ソフトバンクの人もそのまま使える場合がありますが、契約できる会社が限られるので、ドコモ系のスマホかsimフリースマホを準備したほうが良いかと思います。

ドコモ系のスマホは街の中古携帯ショップやネットで入手可能です。

simフリースマホは量販店などで購入可能です。


尚、アップルストアーで売っているiPhoneもsimフリースマホです。

スマホ端末を準備できた後は携帯会社との契約となります。

ネットで申し込めますがおすすめは店舗での契約です。
MNPを使って今使っている電話番号をそのまま引き継ぐ事も可能です。


店舗で契約を行えばその場で電話番号を引き継ぐ事が可能です。



ビックカメラの店舗では幾つかの会社とその場で契約できますので、おすすめです。
格安スマホを使う上での注意事項がいくつかあります。

まずはこれまで使用していた携帯電話のメールアドレスが使用できなくなります。



gmailで無料のメールアドレスを取得してください。2つ目は朝の出勤時、昼休み、夕方帰宅時などみんながスマホを使用する時間帯でデータ通信速度が遅くなる場合があります。

動画を見るのであれば影響がありますが、地図アプリ、ニュース閲覧などでは通常通り使用可能な速度です。



3つ目はトラブル発生時の対応になります。

大手3社は端末が壊れた場合はそれぞれの店舗に持ち込んで修理を行うことができますし、修理の間に代替機を貸してもらえたりしますが、そのような問題発生時にも自分で対応するしかありません。

また、最初に格安スマホを使用する際にスマホに設定情報を入力する必要がありますが、それも自分で行う必要があります。
4つ目は契約のタイミングです。
大手3社は2年間の契約を行うことで毎月の携帯電話料金を安くしていることが多く、ほとんどの人はこの2年契約を行っています。この2年契約を解約するには、約1万円の解除料を払うか、2年に1回1か月間だけ無料でこの契約を解除できる期間に解約することが必要となります。

最近大手で契約した人は、2年契約を行うことで携帯端末代金を安くしています。

そのような人が契約を解除する場合は解除料役1万円の他に携帯端末代金も支払う必要があります。

格安スマホへの変更は、携帯端末代が払い終わる2年後のタイミングを待ちましょう。

毎月の携帯料金が安くなるのは大変魅力的です。

家族で格安スマホを使用すると年間10万円以上が節約できます。
以上が格安スマホを使う上での注意事項になります。