格安スマホのメリットを受けられるのはどのような人か

人気が急上昇してきており、一般的な選択肢として認知度が高まってきている格安スマホは、従来の携帯電話キャリア3社と比較するとサービスの面で大きな違いがあります。

携帯電話キャリアの手厚いサービスに慣れていた人にとっては格安スマホに移行しても大丈夫かと心配な面もあることでしょう。
メリットとデメリットをはっきり確認し、自分の使い方に格安スマホが適しているかどうかを見極めることが大切です。


それでは格安スマホのメリットを確認していきましょう。
格安スマホは従来の携帯電話キャリアから月額料金が大幅に安くなるという最大のメリットがあります。

料金が安くなる理由はSIMフリー端末を使用し、格安SIMを利用しているからです。
格安SIMは大手3社のいずれかの通信網を借りるという形を利用していますので、自社で莫大な設備投資を必要としないということや、ショップの出店を絞り込んで営業に関する費用を大きく圧縮していることなどによって、格安の料金を可能としています。

また格安スマホは豊富なプランの選択肢があるということも特徴のひとつです。データ通信サービスのみのプランや、音声通話サービス、ショートメールサービスを付加することもでき、通信端末専用として割り切るのであればデータ通信のみとして基本料金をかなり下げることも可能です。

必要なサービスを選び利用することができるので、無駄なのないプランを選びやすいというメリットがあります。



大手キャリアでは契約年数の制限があり、2年以内に解約すると違約金が発生するなど利用者側にとっての不利な条件が定められていることがあります。



そのような契約に関する縛りがないというメリットもあり、頻繁に契約変更や機種変更をしたいという方にとっては大きな魅力であるといえます。

また、海外では現地で販売されているSIMカードを購入してそのまま利用できるという使い勝手の良さもあります。

頻繁に海外へ出かける方にとっても格安スマホは心強いパートナーとして活躍することでしょう。
一方で、格安スマホの最もベーシックなプランではデータ通信量の上限が低く設定されている場合があり、大手携帯キャリアのデータ通信と同じような感覚で使っているとすぐに通信制限が発生するということがあります。



なおその問題についてはモバイルルータを併用することで解決することができます。通信料を管理する必要がありますので注意しましょう。


格安スマホを利用するのに向いている人は、とにかく安くスマホを利用したいという人のほか、音声通話にこだわりがない人や既にモバイルルータを利用している人などです。

現在利用している携帯キャリアの料金体系が高く感じており、スマホそのもののスペックに大きなこだわりがない人、海外出張や海外旅行の機会が多い人などにもお勧めといえます。

劇的に利用料金が下がり、その上で便利なスマホが利用できるという格安スマホは、これからもさらに普及が拡大していくことが見込まれています。